HOMEよくある質問パシーマ・サニセーフについて > パシーマとサニセーフはどこが違うんですか?

よくある質問

パシーマとサニセーフはどこが違うんですか?

Answer一言で言えば、パシーマは掛用シーツであり、サニセーフは敷用パットです。一般的にシーツといえば敷布団の上に使用するもので、掛けにはカバーを使用するのですが、パシーマはその特性を生かすためにシーツにしてあります。 パシーマは冬は足元の熱を逃がさないように足元をくるっと包み込めるように丈を長くしてあります。それに対し、サニセーフはパット形式にしてあるのは一つには保湿のためです。普通『冷え』は下からの方が圧倒的に強く、それを防ぐためと同時に保湿のためなのです。二つ目には布団内の湿気は30%が掛けに、70%が敷に吸収されます。この保湿と湿気と言う問題を解決するために敷をパットタイプの5層とし、掛けを3層のシーツとしました。

(パシーマはこちらから) (サニセーフはこちらから)

一覧に戻る

ページTOPへ

サイトが移転しました。
新サイトはこちらから

ご挨拶

通販商品一覧

Contents

INFORMATION

>をクリックすると次の月のカレンダーを御覧いただけます。

WEBショップ 土日祝休み
直通ダイヤル:
TEL 0739-34-2907
営業時間 10:30~17:00

※通販商品ご注文への対応、発送、お問い合わせの返信は月曜日となります。

携帯サイトはこちら!