HOME眠りのアドバイス > 快適な眠りの条件とは

オリジナルコンテンツ

眠りのアドバイス

快適な眠りの条件とは

一般的に睡眠時間は1日に8時間を基準とする傾向がありますが、これはあくまでも目安です。良い眠りのためには、短くても長くても、その「質」をよくすることが大切です。
さまざまな研究結果によれば、よく眠れたというときは、1回目2回目のノンレム睡眠時に深い眠り(3度・4度)まで到達し、最後はレム睡眠を経て目覚めることが出来たときで、それがすなわち「質のよい眠り」だと考えられています。
・快眠条件その1 良い環境で眠ること
まわりがうるさかったり、まぶしかったりするとなかなか寝付けませんが、これは音や光が脳を刺激するからです。従って寝室の環境には、静かさ・暗さが欠かせない条件となります。
寝室の環境でイメージとして参考になるのはホテルの部屋です。普段の生活空間から比べると暗すぎる印象がありますが、眠る環境としては理想的な条件が整っています。
外の騒音に対して二重サッシの窓、間接照明が使われているスタンドランプ、ベージュやグレーなど落ち着いた色彩、同一カラーやデザインで演出されたベッド カバー、カーテン、ソファなどのインテリアの演出。眠りを妨げる外的要因となる音、光、温度、湿度などがコントロールされ、安らぎの空間になるよう、さま ざまな工夫がされています。
それぞれの住宅事情により、独立した寝室を持つことは難しいかもしれませんが、照明や部屋のインテリアなどを工夫して、心地よく眠れる環境を作ることが大切です。
・快眠条件その2 良い寝具を選ぶこと
睡眠中のからだの生理的変化(寝返り・発汗・体温低下など)を妨げない寝具が、良い寝具です。
掛けふとんには保温性・吸透湿性・放湿性・かさ高性・軽さ・フィット性が、敷きふとんには保温性・吸透湿性・放湿性・快適支持性(硬さ)・クッション性が 求められています。また、寝具と体温とによって生み出される寝床内気象も、眠りを大きく左右します。
・快眠条件その3 健康な体を維持すること
睡眠はからだやこころの影響を受けやすいので、からだの痛みや不安・ストレスなどを抱えたままでは、なかなか眠れません。家ではゆっくりとくつろぎ、休 日には軽く汗を流すなどしてストレス解消に努め、日ごろから健康な状態を保つようにすることが、快眠への条件です。
ページTOPへ

サイトが移転しました。
新サイトはこちらから

ご挨拶

通販商品一覧

Contents

INFORMATION

>をクリックすると次の月のカレンダーを御覧いただけます。

WEBショップ 土日祝休み
直通ダイヤル:
TEL 0739-34-2907
営業時間 10:30~17:00

※通販商品ご注文への対応、発送、お問い合わせの返信は月曜日となります。

携帯サイトはこちら!