HOME眠りのメカニズム > 睡眠中の体の変化

オリジナルコンテンツ

眠りのメカニズム

睡眠中の体の変化

眠っている間、からだは特有の変化や動きがあります。
様々な細胞が活発に動くのも睡眠中です。その代表が成長ホルモン。
これが最も活発に分泌するのは夜10時から午前2時頃で、皮膚の形成や新陳代謝の働きが盛んになるのもこの時間帯です。
「寝る子は育つ」「美人は夜につくられる」というのは、ちゃんとした証拠があっての言葉なのです。
また、起床から約14時間後には眠気を促すホルモン「メラトニン」が分泌し始め、寝入る頃に最高値に達します。これは体温や他のホルモンの分泌の調整などに働き、睡眠中の身体機能回復に欠かすことのできないホルモンです。
これに対して目覚めるころ、からだの活動を高めるホルモン「コルチゾール」が上昇してきます。
そのほかにも睡眠中には様々な生理的な変化があり、しかもレム睡眠時とノンレム睡眠時には全く異なる生理状態をみせるのです。




・寝返り

睡眠中、わたしたちは20回以上も寝返りをうち、手足はそれ以上に動かしています。それは、からだの重みで押されている部分を重みから解放し、血の巡り を 良くしたり、寝ていて暖まりすぎた場所に空気を送って冷やしたりするためです。健康な人ほど、からだをよく動かします。

・発汗
睡眠中には、体温を調節するためにコップ一杯分もの汗をかきます。新陳代謝の激しい子供や、気温の高い日などはその量も当然多くなります。
眠りにつくと胸部などで増加し、次第に減って明け方には最も少なくなります。レム睡眠時には汗をかいています。

呼吸
入眠と共に呼吸数は減り、ノンレム睡眠時には穏やかになります。特に深い眠りのときは極端に少なくなります。一方、レム睡眠時の呼吸は速く、不規則になっています。

・血圧
入眠後低下し、睡眠の後半から明け方にかけてどんどん上昇します。レム睡眠時の血圧は乱れています。

・心拍数

睡眠が深くなるにつれて減少します。レム睡眠時には一時的に増加し、不規則になります。


ページTOPへ

サイトが移転しました。
新サイトはこちらから

ご挨拶

通販商品一覧

Contents

INFORMATION

>をクリックすると次の月のカレンダーを御覧いただけます。

WEBショップ 土日祝休み
直通ダイヤル:
TEL 0739-34-2907
営業時間 10:30~17:00

※通販商品ご注文への対応、発送、お問い合わせの返信は月曜日となります。

携帯サイトはこちら!