オリジナルコンテンツ

眠りのコラム

冬の睡眠

冬の睡眠1

寒い冬がやって来ると「身体が冷えて中々寝付けない」という悩みは多いのではないのでしょうか?

対処法は人によって異なりますが寒さに対して空調よりも衣類や掛け布団を増やす対処法を取る人も多いようです。

 

しかし、それでは布団内に湿気がこもり蒸れた状態で肌にストレスを与えます。又、布団の重さで寝返りが打ちにくく、身体に負担が掛かり眠りが浅くなったりします。

 

快適に眠るには、室温は16度~24度程、カーテンなどで隙間風が入らないようにし、乾燥しないよう、加湿器などで湿度50%~60%に保つ工夫も必要です。観葉植物を置いたり濡れた布などを寝室に干したりする事で湿度を上げることが出来ます。

 

暖房は夜中には切り、朝方、再び部屋を暖めるようにタイマーをセットしておくのが良いかと思います。 快適な布団内【寝床内気象】温度33℃+-1℃ 湿度50%+-5℃で暖かく蒸れない状態が望ましいです。 寒い冬は、電気毛布などを使用し布団を暖める人も多いですが、一晩中寝床を暖めると体温調節力を乱したり、睡眠中に体力を消耗させたり、又、乾燥しますので肌にダメージを与えてしまいます。

 

電気毛布はご注意下さい。 最適な布団内の温度・湿度を整えることは快適な睡眠を得るための大切な条件といえます。温度・湿度を快適に保つ天然素材の寝具をお勧めします。 又、暖かく眠る為には敷布団も大切です。そこでお勧めは、心地よい自然の暖かさを保つキャメル(らくだ)の敷布団です。 マイナス40℃を超える冬に生息するフタコブラクダの毛は寒さに耐え抜くための毛髄が発達しています。留熱、保温性に優れ体温を逃がしません。厳しい自然環境が生み出した天然素材ならではの温もりです。

 

冬になってあなたの部屋の温度が低くなればなるほどじんわり、ポカポカと背中が温まってきます。いつの間にかスヤスヤと深い眠りについていくでしょう。深い睡眠は脳を休め、身体機能を回復させ、免疫力を高めます。 良質の睡眠は健康つくりに欠かせないものです。寝具も年齢に応じて自分の体調に合ったものを選ぶことが大切です。キャメル敷布団は安眠と癒し効果も期待できます。

では、おやすみなさい。

 

(キャメル(らくだ)敷ふとんはこちらから)

(エアミール敷マットはこちらから)
ページTOPへ

サイトが移転しました。
新サイトはこちらから

ご挨拶

通販商品一覧

Contents

INFORMATION

>をクリックすると次の月のカレンダーを御覧いただけます。

WEBショップ 土日祝休み
直通ダイヤル:
TEL 0739-34-2907
営業時間 10:30~17:00

※通販商品ご注文への対応、発送、お問い合わせの返信は月曜日となります。

携帯サイトはこちら!