オリジナルコンテンツ

眠りのコラム

電気毛布、本当に必要??

電気毛布、本当に必要??

これからやって来る寒い冬、つらい季節の到来です。こんな時にはポカポカ温めてくれる電気毛布は気持ちが良いものです。でも、電気毛布の使用が睡眠を妨げている事をご存知ですか!?

電気毛布、本当に必要??の詳細はこちら

冬の睡眠

冬の睡眠

寒い冬がやって来ると「身体が冷えて中々寝付けない」という悩みは多いのではないのでしょうか?対処法は人によって異なりますが寒さに対して空調よりも衣類や掛け布団を増やす対処法を取る人も多いようです。しかし、それでは布団内に湿気がこもり蒸れた状態で肌にストレスを与えます。又、布団の重さで寝返りが打ちにくく、身体に布団が掛かり眠りが浅くなったりします。

冬の睡眠の詳細はこちら

羽毛ふとんの正しい知識

羽毛ふとんの正しい知識

自然素材の羽毛は、吸湿・発散性が良く、湿気が安定している為、蒸れないのが特徴、自然のエアコンと言われています。 ところが、一般に売られている羽毛ふとんの多くは、ホコリの噴出防止やカサ増し、不純物を閉じ込める等の理由で、布団の側生地や羽毛に樹脂コーティングが施され、陰干ししか出来ません。 これでは、発散性が低下し、蒸れやすく、本来の自然素材の良さが損なわれます。では、快適に眠れる羽毛ふとんとは・・・

羽毛ふとんの正しい知識の詳細はこちら

ご存知ですか?枕と敷ふとんの関係 Part Ⅱ

ご存知ですか?枕と敷ふとんの関係 Part Ⅱ

どうしても昨日の疲れが残ってしまう。体が何となくだるい。 そう感じることはありませんか。 睡眠は人間にとって大切な休息の時間。だけど、どんなに元気な人でも 年齢と共に、若いときほどぐっすりと眠れないことが多くなるのはやむを得ないことです。 寝具も年齢に応じて、自分の体調に合ったものを選ぶことが大切です。

ご存知ですか?枕と敷ふとんの関係 Part Ⅱの詳細はこちら

ご存知ですか?枕と敷布団の関係 PartⅠ

ご存知ですか?枕と敷布団の関係 PartⅠ

人がまっすぐ立った時の姿勢を横から見ると首が前に出ています。これは人間が2足歩行をするようになり、 発達して大きくなった脳を支える為で、「頚椎」はゆるやかなS字カーブを描いています。この頚椎部分(首筋) の隙間を埋める枕こそ安定感があり理想的なベストポジションが得られる枕なのです。 まず、枕の高さが使う人に合うことが大切です。枕の高さは、首筋部分で5~9cm、後頭部で2~6cmと言われて いますが、これはあくまでも目安です。お使いの敷布団の沈み具合で当然この高さも変わってきます。

ご存知ですか?枕と敷布団の関係 PartⅠの詳細はこちら

2/2ページ12
ページTOPへ

サイトが移転しました。
新サイトはこちらから

ご挨拶

通販商品一覧

Contents

INFORMATION

>をクリックすると次の月のカレンダーを御覧いただけます。

WEBショップ 土日祝休み
直通ダイヤル:
TEL 0739-34-2907
営業時間 10:30~17:00

※通販商品ご注文への対応、発送、お問い合わせの返信は月曜日となります。

携帯サイトはこちら!